遠い保田とタイクーン

2016/05/29, 10:11

img16050002_1 img16050002_2 img16050002_3 img16050002_4 img16050002_5 img16050002_6 img16050002_8 img16050002_9 保田へ行くぞー。前回ゴールデンウイーク中の余りの混雑ぶりに懲りたので今回は金曜出立。でもあいにく低気圧から伸びる寒冷前線が夜半に関東を通過。プランとしては寒冷前線通過後、雨が上がり南から吹き込んでいる風が止み北に変わったら出港、そしてスピン揚げて保田まで一直線、翌日は南風を受けて一直線に帰港と。でも自然は思い通りにはならない。

残りの雨雲がまだ弱い雨を降らせているし、低気圧が東で想定より発達したのか北風も強いまま。でも徐々にこの風波は治まるだろうと踏み、防水外套を着こんでいざ出帆したが、港外に出る前から風と波に翻弄される。ジブだけを開き(メインセイルを揚げてる余裕がなかった)航路西端のNo.7ブイを目指してアビームより少し上り気味で進む。東に振れている北風により大きく複雑な波がポート側から容赦なく小さな船を翻弄するが、ハマちゃんが巧みに波を避けながら操舵する。No.7近くまで来たがまだ風は落ちず、航路を横切るには波と風に逆らって昇る必要あり、ここで最終決断を下す。「今日は止めよう!」

ここまで一時間、コックピット内でも何かに掴っていないと心配だし、時には横波をモロに食らいコックピットまで波を被った。同じ時間をかけてマリーナに戻ればしっかり赤旗(全艇出港禁止)がはためいていました。

----------------------

せっかくの乗船機会だからクルー二人は船内で「ばんや」のお風呂と食事に思いを馳せながらチンマリ過ごし、翌日の航海に備える。

さて翌朝6時前に起きだしてみれば無風、靄って視界悪し。海面に映るマストの列ががやけに綺麗。セイルを揚げる風でもないので常套プラン「タイクーンまで行ってお昼食べようか」ということにする。新山下まで機走してみれば「タイクーン」はなんと閉店。またカップヌードルでお昼かよとガッカリしたけれど、すぐ近くのホームセンターまで歩きそこのフードコートで中華飯を頂きました。我々、何やってるんだろうね?

日差しの出てきた午後、マットレスやら防水外套やらを天日干しして今回の(行けなかった)保田クルーズを〆ました。


========================
一日目
・2h 2m、11:24-13:26
・9NM
・Max 6.3knots
========================
二日目
・2h 40m
・15.6NM
・Max 6.8knots

by beach_boys   航海日誌 comments: 1
comments (1)
あてが外れるとは、このことですね。
なんだかよくわからん前線やら霧や雨や風にやられたって感じですね。相変わらずキャビンのテーブルは吹っ飛ぶし,
トイレでは苦労するし(生理現象と揺れの戦い)・・・。でもマリーナに帰るとホッとしたし。昼寝すればスカッとしたし。欲を言えば、近くに銭湯が欲しいね!K先輩に進言しましょう。次に船首灯の整備が急がれますね。あとNo.2のバッテリー交換ですね。(No.1の値段を確認してからね!)あ~あっ・・早くスピン揚げたいね~!まっあわてないでのんびりいきましょう。そうだ、お陰様でチェアーも復活したし、自分の体力も強化しないとね!(ラヂオ体操アゲイン!)何かと気ぜわしい・・はまちゃんでした。
#1 posted by はまちゃん at 16.05.30, 20:08
post a comment
投稿者 :::

コメント(タグは使用できません) :::

url / e-mail :::