カヤックで海をゆく

2012/10/28, 16:22

img12100004_1 img12100004_2 img12100004_3 img12100004_4 img12100004_5 img12100004_6 img12100004_7 img12100004_8 10月27日(土)Boys、今日はカヤックに挑戦。
出航すると隣のマリーナからA級ディンギーとスナイプが出てきた!なんだか40年前にタイムスリップしたみたいな光景ですが、乗ってるのはいったい何歳のオジサン?

シュウヤとハマさんがMavis号に乗り、笠島沖めざして漕ぎ出してみると、予報通り北東の風が押してくれる。ときどき吹くブローは5mってところかな。フフフ、帰路は向かい風、しんどいんだよー。

そうとは知らないハマちゃんは「あの鉄塔、廻航しなくちゃ」とか言ってるけど、行けば行くほど帰りがきつくなるよぉ。帰港時刻に制限があったので、適当なところで転進し昼飯へ向かいます。

マリーナ笠島の方から「海辺」で食事するだけならデッキ下にカヤック置いておいても良いと聞いていたので、ありがたく上陸させてもらい、海を見ながらのんびり昼食。

帰路は予想通りのアゲンスト。ディンギーなら「良い風」と言うところだけど、チョッピーな波が一層Mavis号の進みを邪魔します。でも男の子だからね、曳航の必要はないよね。二人とも懸命に漕いでますねぇ。頑張れー。

しんどい思いをさせちゃったカヤック初航海でしたが、シングル艇ヒロポ号にも乗ってもらって、カヤックの気持ち良さを感じてももらえたかな?

ログを見ると
・1:47:18の短い航海
・正味移動時間は33:58、2.78km
でした。こんだけ漕いでも、お昼の天丼分のカロリーにはほど遠いよね。みんな、体力つけようね!!

by beach_boys   航海日誌 comments: 3

処女航海

2012/10/13, 11:37

img12100002_1 img12100002_2 img12100002_3 img12100002_4 img12100002_5 img12100002_6 img12100002_7 img12100002_8 いよいよ処女航海だぞう。機走でその辺ちょこっと出てみよ・・・なんて言ってるけど、いいじゃんセールも揚げようよ。まず下ろしておいたジブを上げてファーリング、帆走に備える。メインセールのカバーも外してと。

ハマちゃんの舵でそろそろと桟橋を離れるけど、隣の船や桟橋押さなくても大丈夫?なにせディンギーよりはデカイ船だから、細かな操船は難しいんだろうね。おぉ!キャプテン・ハマちゃん上手いじゃん、全然心配ないよ。

港内を出口へ向かってスローで行くと、シュウヤはさっそくiPhone取り出して撮影です。ナオトもandroid持ってきてログ取ろうかと思ってたんだけど濡らしたらヤだし。iPhone落っことさないように気をつけてね。

ここから先は港外。あのブイのどっち側通るの?なんていってるヤツがいるけど、ちゃんと2人は小型船舶免許もってるから任せて安心。しばし機走で沖へ出るとあちこちでヨットが帆走に移ってる。Beach Boysもセール揚げよ!「あらん、今時のメンセールはこうなってるんだ」まるでカーテンレールみたいな仕掛けでメンセールがスルスルと上がっていく。ジブファーラーも解いたら、いよいよエンジン停めるよ!ほんとにイイ?

静かな船の上、そよ風がBeach Boysをわずかにヒールさせる。クルーザーで帆走する日が来ようとはねぇと感慨にふけったりしてるけど、すぐに、ではではとクローズホールドにしてメンもジブも一杯引き込みまっすぐ本船航路へ向かう。フム、ほんの2~3mの風なのにジブシートを手では引けないねぇ、クルーザーではジブの細かな調節しないのかな?

2時間ほどあちこち帆走し、タックもジャイブも試みて本日の航海は無事終了。風が落ちたので帰りは機走。Boysやれるじゃん!それにしても天気に恵まれ、そよ風で良かったねぇ。次回はスピン揚げるぞぉ!

by beach_boys   航海日誌 comments: 3

引き渡し

2012/10/02, 13:32

img12100003_1 img12100003_2 img12100003_3 img12100003_5 img12100003_6 img12100003_7 9月30日(日):
二週間後の日曜日。船検登録書換やらマリーナの係留契約などが終わったので今日は業者の人から船の説明を受ける。いそいそと出かけてきたものの今夜から台風接近との予報。

待っていたのは船名も決まった我らが『Beach Boys』。Boysって誰が?ああ、高校ヨット部OBね、納得。船って女の名前を付けるんじゃないのと思うけれど、でも高校出てからウン十年の我々、もうじき第二の人生に入ろうかというOBsにはピッタリの名前かも。

エンジン、電機系、艤装などなど説明してもらうけど、まぁ実際動かしてみないとなぁ。クルーザーとはいえスループだから、ディンギーと違うことと言えばバックステーがあることぐらいかなぁ。

小一時間説明を受けてから、台風接近に備えてジブを下ろしておこうかとファーラー解いて下ろし始める。ジブセールをお作法通りにたたみ始めるのはさすがにディンギー経験者。

オーナーとなったクルーザーの船室で記念撮影。さてさて、これからどんな日々と航海が待っているのかな?久方ぶりのセーリングを思って気分はワクワク、思わず笑みがもれる。

ハマちゃんはもちろんこんな気分。(このあと足が攣った、内緒)

by beach_boys   航海日誌 comments: 0

船を見に行く

2012/10/01, 11:36

img12100001_1 img12100001_2 img12100001_3 img12100001_4 9月15日(土):
ハマちゃんから電話があり「船見に行くから一緒に行かね?シュウヤも来るから」だと。おぉ、陽気も秋めいてきたしマリーナぶらぶらするのも良いかもね、「オーケー、行くよ」と出かけ、駅の改札口で待ち合わせ。

業者の人にマリーナ内へ入れてもらい、アウトレット側からしか見たことのない浮き桟橋へ。ここ陸置きはなくて、全部ポンツーンに係留なんだ、いいなぁ。

この船?ではでは早速乗船させてもらって・・・ふーん、なるほどと言うほどクルーザーの経験がない。エンジンは船内機ね、ジブファーラー付いてるんだ、計器はほとんどなしか、などと眺めてまわるけど、他にクルーザー乗ったことないからなんとも意見の述べようがない。

一通り見終わってから3人で作戦会議。
高校ヨット部で一緒にディンギー乗ってたとはいえシュウヤもナオトもクルーザーの経験はなし。一人ハマちゃんのみがクルーザーのオーナーだったことがあり、外洋へ出た経験もある。

「あの船どうよ?入門艇だけど3人で動かすには手頃だし、これから時々一緒に乗って遊ぼうよ!」
あらまそう言う話だったんだ。フム・・・うん、いいんじゃね。

by beach_boys   航海日誌 comments: 0
- end -