第二海堡目指して

2013/06/30, 21:05

img13060004_1 img13060004_2 img13060004_3 img13060004_4 img13060004_5 img13060004_6 img13060004_8 今月3回目の出航、南風、クローズ一発、第二海堡へコースを取ります。そよ風程度の微風ですが、真っ正面に見える第二海堡までタック無しで行けるかと思いきや漁船が一杯、クルーもスキッパーも底引き漁船をどう避けようか思案が必要です。

ログに見るように2回のタックですみましたが、浦賀水道にかなり入り込んだようです。北から追いかけてくる貨物船の姿がどんどん大きくなり、このままだと衝突コースと思っているうちに貨物船の方が航路西へ逸れていきます。第三海堡が撤去されたこともあり、出て行く本船の航路が思ったより岸に近いようです。

今日は午後から「ディーゼルエンジン講習会」に出席しなければいけないため、残念ながら今日はここまで、「URAGA8」を廻航して帰路につきました。

「海上保安庁」が航路を外れた貨物船を追いかけているのかと思いましたが、いやいやさすがにそんな本船はいませんよね。どうやらプレジャーボートにライフジャケット着用の警告をしていたようです。舷側にLEDの注意文を流しながら、大きな引き波をBeach Boysに寄せてくれました。

さぁ早くお昼を食べて講習会に出席しましょ!
09:24から12:03まで、19.06km、平均速度7.2kmの航海でした。外付けGPSがNavionicsで上手く動いたら、マイルとノットで書きましょうね!

by beach_boys   航海日誌 comments: 1

すでに夏

2013/06/15, 21:04

img13060003_1 img13060003_2 img13060003_3 img13060003_4 前回の猿島遠征から2週間、今日もgood windを期待したけど・・・

1~2mの風をつかまえて南へ下るも船足は伸びず。風を探してタックしてもブームがぶらんぶらんするばかり。

スキッパーもクルーも操船に気が入らず、でも「ナビ子」はキチンと仕事をしてくれます(エライ!)タックもできて良い子だねぇ。

昼頃には雲も切れて夏の日射しが照りつけ、フライパンの中にいるようです。アマモ(?)の切れっ端やら赤潮やらの中をウロウロしつつも、クルクル回る風向きに航跡も定まらず。

まっ、こういう日もあるわさ。夏の予定は三浦半島を迂回し半島沿いに相模湾を北上して芦名まで、80kmを越える航海は何時間かかるのか?風が良ければどの位?機走だと?そんな話で盛り上がりながらセールを降ろして帰港しました。

風に吹かれながらデッキでお昼といきたかったけど、船内の方がまだ涼しかったね。9.4kmの航海でした。

by beach_boys   航海日誌 comments: 2

ヘルムスマン・シート製作

2013/06/04, 16:41

img13060002_1 img13060002_2 コックピット真中にトラベラーがあるため、ハマちゃんがティラーを握り、メインシート・トリマーとジブシート・トリマーの2人がコックピット内にいると結構狭い。そこでヘルムスマン用にスターン・シート(座席ね)があると良いかも。

写真のように付いてきたシートは固定がなかなか微妙。無垢材で作り直すことにして原寸を取ってきました。ステンレスパイプ径が22mm(インチサイズですね、7/8")なので、ここに座面受けるピッタリの金物を探すのがちと大変ですが、水道管用のクランプを利用してみることにします。6個必要だけど、なにせオールステンの船舶用だと¥3000/個もするんだもん。

ティラーも長すぎるようだし、エクステンションの位置も少し後ろの方が良いみたい。なによりティラー先端のアルミ角パイプが危険なので、これを交換あるいは位置をずらしてみる。角パイプの長さは80mm、幅60mm、高さ25mm、厚みは2mmでした。これも探さないとね。

by beach_boys   航海日誌 comments: 2

sailing to 猿島

2013/06/01, 21:17

img13060001_1 img13060001_2 img13060001_3 img13060001_4 img13060001_6 img13060001_7 img13060001_8 img13060001_9 img13060001_10 船底塗装が完了したBeach Boys、今日の走りは期待できるよ!

予報は5~7mの北東の風、港外へ出てみると、おぉ所々白波が見えて良い風吹いてるじゃん!乗組員一同思わず笑みがもれる。なんたってここ数回は風に恵まれなかったからねぇ。引き波を見れば船のスピードが分かろうというもの。

ハマちゃんの希望通り、一路横須賀沖の猿島目指して南下。併走している船を見るといかにも気持ちよさそうで、我々の船もあんな風に見えるのかなぁ?おや?ジブをファーリングしてるね、まだまだリーフするのは早いよぉ。

これまで最も遠出した八景島を過ぎ、1時間半ほどの航海で横須賀沖に到達し、「横須賀南2号」灯台の脇を通過しさて猿島一周してみようかと思ったけど、前方の岩礁で波が崩れている。安全を取って猿島をかわしてさらに南下、観音崎灯台を拝んでから帰途につきました。

少し風が落ちてきた午後、これまでの最長セーリングが嬉しくてハマちゃんもクルーもご機嫌で、オートパイロット動かしてみようかと言うことになりました。「ナビ子」が健気にヘルムを取ってくれるのでハマちゃんは手放し操船、クルーだってメインシートにもジブシートにも触らず、まぁなんてお気楽なセーリングなんでしょ!

写真撮ったり、ポーズ決めたり、ハマちゃん船長は双眼鏡で何を覗いてるの?こうしつつも船は「ナビ子」がちゃんと330度を目指して進めてくれています。

4時間半ほどの航海を終えて、マリーナに戻り遅い昼食を摂りながら久々のgood sailingに満足顔の乗組員達でした。ビックリしたのはクレーンで降ろされてる船のお髭の方。シュウヤ曰く「絶対、Kさんだよ!」あとで伺えばなんとK大先輩の弟さんでした。悪いことは出来ないねぇ・・・

今日のログ:往路の記録が取れてなかったけど、復路はご覧の通り。9:40~14:00まで、おおよそ31kmのsailingでした。

by beach_boys   航海日誌 comments: 2
- end -