三崎までと思いきや

2013/10/19, 11:02

img13100001_1 img13100001_2 img13100001_4 img13100001_5 img13100001_6 img13100001_7  1ヶ月ぶりの航海にしてBeach Boys一周年、今日こそ観音崎の向こうに回り込んで、あわよくば三崎までということで8時すぎにはマリーナを出港。生憎の曇り空、厚い雲が空一面を覆っていますが、風は7~9m/secのNWN、帰路は真上りになりそうです。boysよりも早起きな釣り船がマリーナ港外すぐそこにたくさん陣取って、迂回しないと港外に出られません!おーい、そこは駐車禁止じゃないの?と文句を言いつつ、まずはアビームで根岸No.1へ、そこから155°で観音崎まで、そこで転進して・・・

と思っていたらなぜかジブが少し落ちてる。ウン?ハリヤード引いてみようとしたら、ジブのトップがハリヤードから外れてました。スナップシャックルが開いてしまったようです。これは困った。ジブ無しでは帰りの上りがキツイし、次回のセーリングのためにもマストに上ってハリヤード回収してこなくちゃいけないね。

こんな訳で早々とセーリングは諦めたものの、ちょうどオープンレース日とあって出港してくる参加艇を次々見送りながら帰港するのがなんともはや・・・Beach Boys、DNS・・・

さて、桟橋でマストに登る方法を考えていると、我らがレスキュー隊員がさっさとシート(ロープと言うべきか)で簡易ハーネスを作りはじめる。少し登ってみるからというシュウヤの言葉に乗せられて、メンハリを引き始める。

「問題なし、行けるから」というレスキュー隊員を信じてウインチを巻きますが、さすがにダイレクトで60kgを巻き上げるのは大変でした。途中でハマちゃんに代わってもらいシュウヤをマストトップ近くまで持ち上げました。作業自体はすんなり終了。ここ数回続いているトラブルも乗組員で無事乗り切ってきたから良しとしましょう。おかげでジブセールの補修もNorth Sailに頼んできたしね。

それにしても、Beach Boysには「サル」もいたんだよ!レスキュー隊員シュウヤには『海猿』の称号を進呈しましょう!

by beach_boys   航海日誌 comments: 1
- end -