「この船欲しいよう」と言っていた船

2015/02/04, 15:11

img15020001_1 img15020001_2 img15020001_3 img15020001_4 img15020001_5 img15020001_6 スイッチボードのUSB充電端子交換のためにマリーナへ行ってみると、見覚えのある船が上架されている。これってYouTubeで見たPacific Seacraftの”Dana 24"じゃない(多分)!

セミロングキールを持つクラシックな趣のクルーザー、小さな船だけど大きなドッグハウスを備えているので船内も広々、内装は木製(YouTubeで見ると)。バウスプリットにカーブした大きなトランサムがクラシカルだけど、艤装は最新のものが使われている。マストも高いし、アスペクト比の大きなセイルを備えているように思える。

この船良いなぁ!作業をしていた方に聞けば、「夢の島マリーナ」からメンテのために廻航されて来た船だそうな。でもトランサムの船名の下を見ると、米国ワシントン州、バンクーバー島の奥の湾にあるベリンハムの文字。ふーん、あちらから持ってきた船なのかなぁ?

あのあたりの海岸線や、バンクーバー湾の奥に点在する島々をめぐるクルージングは素敵だろうなぁ・・・今は「夢の島マリーナ」に係留とはなんだか気の毒・・・こんな船で日本一周のクルージングに出かけたいねぇ。

思わぬご褒美を貰ったような一日でした。

by beach_boys   航海日誌 comments: 4
- end -