3回目のメンテナンス

2014/11/23, 18:09

img14110001_1 img14110001_2 img14110001_3 img14110001_4 img14110001_5 秋シーズン、メンバーそれぞれに用事がありなかなか3人が揃わず、ダブルハンドで出艇したりしましたが、今日は久々のフルメンバー、しかも小春日和の三連休!でもメンテナンス!!

上架してのメンテも3回目ともなると手慣れたもの。ハマちゃんはあらかじめ塗装作業に必要な材料・道具一式を買っておいてくれるし。シュウヤとナオトは艤装の改良方法など計画してるし。あとは持ち込んだ工具で果たして上手く行くか?

休日だけどあんまり賑わってないマリーナに集合し、朝一番に上架。お決まりのケレン棒作業、マスキング、1回目塗りなどこなしたら、翌日はトラブったアウトホール・シートの交換を電気道具の使える上架中にやっつけます。ブームエンドのリベットを破壊し外してみれば、出てきたのは決して小さくはないブロックと8mmのシート。これじゃぁ途中で引っかかるよね(純正だと思われるけど長さも足りないし)。30年ものの艤装品をポイしてダイニーマ製シートに交換し、新たにリーフ時のアウトホール・シートを付けることにしました。

ハマちゃんのお陰でメインセール修繕、マスト灯修理も済んでおり、気になっていた艤装箇所も改善されて、さぁ次回は冬の海でセイリングを楽しもうね!(と思ったら、今度はバウのコンビライトが点かないよ・・・延々と、メンテは続くよどこまでも)

by beach_boys   航海日誌 comments: 1

初の相模湾

2014/08/13, 09:31

img14080001_1 img14080001_2 img14080001_3 img14080001_4 img14080001_5 img14080001_6 img14080001_7 img14080001_8 img14080001_9 img14080001_10 お盆休みの三日間、初の相模湾へ出かけました。
8月13日:YBMー三崎 無風 4h7m 21.7NM avg 3.4kt
8月14日:三崎ー江ノ島ー三崎 無風 6h21m 25.6NM avg 3.5kt
8月15日:三崎ーYBM 強風 5h2m 25.5NM avg 3.9kt max 7.1kt
-------------------------------------------------
剣崎をかわして向こう側へ行くのは初めてのこと、Beach Boysに乗り始めてからずっと相模湾へ出ようと思っていたけどやっとその願いが叶います。

三浦半島南端の岩場を眺めながら城ヶ島へ向かう途中、カヤックでここへ来たときのことが思い出されるけど、フト見れば前方に長い定置網発見!90度南へ転進して事なきを得る。ここは「危険水域」に登録しておかなくちゃね。

到着した三崎は今日明日と「夜市」とのことで商店街に夜店がならび、マグロづくしの大賑わい。ではではと最初に出くわした「マグロ白子天ぷら」やら「マグロちまき」やら、はては「マンボウ湯がき」まで路上にてお召し上がりになる。最後は「マグロカレー」で締めました。

翌朝は残念ながら無風につき機走で江ノ島まで往復。懐かしの江ノ島ヨットハーバーに新設なったクラブハウスを拝み、ここへ来たのは40年振りですか?七里ヶ浜沖定置網を覚えているなんて、シュウヤ偉いねぇ。

風呂屋まで1kmほど坂道を登ってさっぱりしたら、「夜市」はもう十分、夕食は「マグロ漬け丼」と行きました(またマグロだよ・・・) 気圧の谷に入っているので果たして明日の風がどうか読めないけど最終日くらいは良い風に恵まれると良いねと願いながら、大型艇に挟まれて早々と就寝。

夜半から南風が吹き出し、せっかく来たんだから城ヶ島廻航して帰ろうと言うプランをちょっと後悔するような海況でした。余裕をとって大きく南へ出ると風と波が容赦なくBeach Boysを襲いますが、2ポイントリーフしたセイルを揚げると、フリーなので先ほどまでとは打って変わって快適なセーリング。

真ランにならないよう進路を決め、途中ブローチングやサーフィングを楽しみながら三日間のクルージングを締めました。稲村ヶ崎沖7kmあたりで泳いでみたり、SSW12m/secという風のなか豪快なセーリングを堪能したり、達成感のある航海でした。YBMに帰ってから風速計をみたら最大瞬間風速16m/secだったって。あのブロー凄かったねぇ、ハマちゃん船内でぶっ飛んだそうだもの。

by beach_boys   航海日誌 comments: 2

微風につきスピン・トレーニング

2014/05/31, 17:54

img14050002_1 img14050002_2 img14050002_3 img14050002_4 img14050002_5 img14050002_6 img14050002_7 夏日につき南風、せいぜい2m/sec。ジグザグのログはいったい何してるんだというと、機走で風上へ高さを稼ぎ、そこからスピン・トレーニング。揚げたり降ろしたり、ジャイブしたり、ランニングからアビームまで上ってみたり。メンジブとも揚げず、絶好の訓練日和。
-----------------------------------------------
20年目のセーリング・・・!って?
昭和の味がするトリコロールカラー!
なつかしいグリーンのKマーク!

本日は、なんと機走とスピンセールのみのセーリングです。午前中レースをしているクラブのじゃまをしないよう150度位を風上に機走し330度位でランニングです。2人のクルーは、同色(緑色)2本のシートと太く感じるスピンポールを操り、うまいこといきました。なにやらまた一段上達した気分です。3人ともきょうは、セールを見上げることの多い一日でした。

しかし今思ってもあのきゃしゃなセールと多少の風のパワーってすごいね!確か5ノット出てたっけ?・・課題も見つかりました。一つはスピンセールをデッキの上でたばねておくセールバックが必要との提案です。考えなきゃっ・・!あと一つがスピンを上げる際、スキッパーが2本のスピンシートを最初だけ操ることです。がんばんなきゃっ・・!昔のFJを思い出せ!とのことでした。

そういえば、本日出港前に準備体操を直ちゃんとしたのです。気のせいか体が軽かったかに感じられました。これは、必須ですね!ってなわけで次回のセーリングをお楽しみに。

by beach_boys   航海日誌 comments: 2

保田クルージング

2014/05/03, 08:00

img14050001_1 img14050001_2 浦賀水道入口に並ぶ3つのブイ img14050001_4 img14050001_5 img14050001_6 img14050001_7 img14050001_8 img14050001_9 img14050001_10 img14050001_11 img14050001_12 保田への一泊クルージング。
往路は保田が上マーク、1Pリーフで凌ぎ、復路はYBMが上マーク、2Pリーフで頑張りました。

-----------------------------------------
往路:25.7NM, 6h04m, avg 4.1kt, max 9kt
復路:27.9NM, 6h53m, avg 3.7kt, max 7.3kt
-----------------------------------------

久々のblogです。1月末のチャート教室から今回のblogですが、実は、それなりに結構活動してました。
・陸揚げしての船底塗装
・航海灯の球交換
・船検の中間検査の受検手配
やらで、季節もすっかり春を越えてUV-CAREが必要な季節になっちゃったりして。

今回は、保田一泊のクルージングでしたが、一言でいうと『3人でよかった!』です。個人的に思うことは、たかが東京湾・されど東京湾・見張りの東京湾です。船を整備し、安全装備を確認し、艤装をトリムし、コース取りをチェックし、そして常時の見張りの確認でした。

風も波も楽しかったです。無理こそしませんでしたが、足がつったのには、情けないやら・・トホッ!どげんとせにゃー!スタート前のストレッチと水分補給と日常のトレーニングかな?

ばんやのどんぶりは、食いきれんよ。あっそうだ!ハーネスのことを考えませんか?ゆれて濡れたデッキ上の作業は、要チェックです!ってなわけで無事帰りましたが、皆さんお疲れ様でした。また少し自信ついた3人でした・・

by beach_boys   航海日誌 comments: 2

チャートワーク教室

2014/01/26, 14:47

img14010002_1 img14010002_2 img14010002_3 img14010002_4 午前中に整備作業ー不首尾につき再度挑戦ーを終えて午後から水路協会主催の「チャートワーク教室」に出席してきました。乗組員一同未経験の海図を使ったナヴィゲーションということで、手持ちのコンパス(って製図用のね)持参です。唯一、キャプテンだけはいつの間にか本チャンのデバイダー(真鍮製)購入して意気揚々。

瀬戸内海、備前瀬戸西部の海図上にコースを引き、プロトラクター(支給品)でベアリングを測り、距離をデバイダーで計り、最後に所要時間を割り出すことまで実習しました。出港場所は生里、多度津などを経て生里へ戻る33.4NM、6時間余りの航海計画でした。そこで、タブレット上でもplan2navを使って同じことをやってみました。

一枚目の写真黒実線のようなルートをタブレットの画面上でウェイポイントを決めていくと、そこに旗が立ち、その位置が二枚目写真のようにリストされます。このルート全体の情報を見てみると、31.2NMと出ています。所要時間はどうも往復時間が算出されているようですね。

ウェイポイントとして選んだ二面島(備前瀬戸北航路西端にある)付近を拡大してみるとここにはナヴィゲーション・マークとしてブイ(pillar buoy)
があって、その名称、色、模様なども見ることができます。海図の方がもちろん情報は豊富ですが、この付近の水深だけを見ればplan2navも海図も差はないようです。android版だとローマ字表記、iPad版なら日本語で表記されるのにね、そこだけ残念!

by beach_boys   航海日誌 comments: 0

でっかい鳥居へお参り

2014/01/04, 21:36

img14010001_1 img14010001_2 img14010001_3 img14010001_4 img14010001_5 img14010001_6 img14010001_7 img14010001_8 img14010001_9 img14010001_10 img14010001_11 img14010001_12 あけおめ、ことよろ。・・・?

風も無く、ne 2m/s の中、マリーナ本日1番の出船です。エンジンは、それなりに快調でバッテリーも14ボルトで充電だし、燃料もなぜか3ヶ月満タン?
薄日も交え午後の天気を気にしながらの機走です。進路は、いつもの通り、帰路を考え北上です。航路を避け、思いついたのは、横浜港です。陸岸に大きなコンテナクレーンを見ながらの機走です。4~5ノットです。(とてもセーリングなんて・・)途中巨大なサルベージ船がタグボートに曳航されており、我々を最後まで先導してくれました?本当に!

ってなわけでやっと横浜港入口の灯台にたどり着き、目指すは、ベイブリッジです。ここで考えたこと(エンジン整備しておいてよかったナ~)でした。ベイブリッジしたの航路幅が狭く感じました。ナオちゃんは、余裕の写真撮影です。赤灯台をバックに国籍不明のドンキーキャップがまぶしいです。時間も押してきたので(シュウヤ君大船です)おしみつつ帰りです。滞在は下船なしの6分ぐらいです。短かっ!でも普段は来れないネ。コンテナバースが沢山あって、昔、サムライ24で回航中、本船に追いかけられた時を思い出しました。怖っ!

帰路の途中やっとセーリングしました。今年の初セーリングです。20分位でした。短かっ!しかしタグボートの多さやらタンカーやら漁船やら船好きファンにはたまらない東京湾です。

ここで一考・・『銀座の東京湾』か
『田園調布の相模湾』か『腐った鯛』
か『ピチピチの鯵』か・・・・?
ぼくは、ぜーんぶ好きです!
ってなわけで、新年会です。トップバリューのシャンペンで乾杯して後は、流れで~~。今年は、キッチンも本格的になりそうです。エへヘッ 楽しみダッチューボー!
ハマちゃんより
-----------------------------
Duration:2h55m
Distance:13.5NM
Average Speed:3.4Knots
Maximun Speed:6.2Knots
-----------------------------

by beach_boys   comments: 1

今年も忘年会兼反省会

2013/12/29, 11:26

img13120002_1 img13120002_2 img13120002_3 img13120002_4 快晴、無風、年末の日曜日、バッテリー充電にちょこっと船出してお昼には帰港。これから恒例の忘年会兼反省会ですが、2年目の今年は船上にて開催。

とりあえず大掃除。木工作業で出た切りくず、ナオトが連れてきたラブラドール「ロジャ」の黒毛、フロアやシンクの汚れなどを拭き取り、マットを天日干し。なんとなくさっぱりしたらいよいよチンマリとコンロを囲みます。

持ち寄った「おでん」セットをハマちゃんが運んできた鉄製鍋に投入、おっとその前にコンロでお燗した「ワンカップ」で乾杯ね。酒飲みキャプテンは「Jim Beam」など持参です。船内で調理(?)したのは初めてだねぇ、新年はここで餅を焼きましょうかね?Beach Boysの二年目もトラブルを乗り越えつつ無事に過ぎました。また来年もよろしくね!

最後の写真はいったいどこの国の人?

by beach_boys   航海日誌 comments: 0

冬の重たい風

2013/12/22, 10:06

img13120001_1 img13120001_2 img13120001_3 img13120001_4 img13120001_5 img13120001_6 img13120001_7 img13120001_8 出港注意の中、ナオト君とモーニングコーヒーを済ませ余裕の出船でした。nnw6m位でしたがナオちゃんよりメインセールの1段リーフをセットし大海原へ・・・!これが大正解でした。

廻りにセーリングヨットは無く、ちと寂しい感じでしたが根岸5番ブイを通過するころには、5ノット前後の早さで二人の会話もでっかい富士山をバックに健康診断から次の船底清掃のスケジュールまで多岐に渡り最高でした。そしてナオちゃんのナビゲーションで、中ノ瀬航路に進入です。ぎりぎりの所で遊魚船も
いたりして。そのころです。朝のコーヒーが小用を催させました。本船航路内の緊張のせいでしょうか?幸い航路幅が以外と短く航路出た千葉県側で2人ともビルジ完了でした。つくづく3人いれば航路内でも・・!

教訓:冬の朝一コーヒーはだめ!!1時間もたねーよ!でした。帰路もほぼ順調でしたが、少し風が強くなりジブをさらにファーリングして帰りました。あらためてセールを眺めるとスナイプのセールぐらいの大きさに感じたのは僕だけでしょうか。ナオちゃんの一言『セールの力ってすごいね!』でした。しかし、デイセーリングって最高よ!ノントラブルの一日でした。ザンザン・・!ハマちゃんより

----------------------
・9:27~12:55、3時間27分
・13.5NM
・max speed:5.8knots

by beach_boys   航海日誌 comments: 2