15.02.25, 18:41

ナヴィ・パネルの製作

img15020004_1 img15020004_2 img15020004_3 img15020004_4 img15020004_5 懸案になっているナヴィゲーション・パネルにはデジタル・スピードメーター用Nexus 7とナヴィゲーション用iPadを設置します。場所はシュウヤの提案に従いキャビンへの入口のアクリル板(これなんて呼ぶのかな、木製鎧戸だと良いのにね)にする。二分割のアクリル板の下部分だけ合板パネルに交換。こんなイメージ。

Nexus 7とiPadを差し込むためのコの字型枠をマリン合板(6mm)を積層して作ります。どちらのタブレットもスリープ(またはその復帰)ボタンが押しやすいように差し込み方向や枠寸法に注意します。右:iPad用4枚積層、左:Nexus 7用3枚積層。

積層したしてみたらさすがマリン合板、バウムクーヘンのような断面が見えています。

合板パネルの上にコの字型枠を接着し、少しでも反射を防ぐためグラファイトを添加したエポキシを塗布。非常用電源をとるためにUSBケーブルを通すための穴を開けたため原設計とiPad、Nexus7の位置が逆になりました。

左にGalaxy Note 8(plan2navが動作)、右にNexus 7(sailing tacticianが動作)を差し込んでみました。poor man's instrumentsの完成です。
posted by naotok   船のメンテナンス     comments: 0
comments (0)
コメントはありません.
post a comment
投稿者 :::

コメント(タグは使用できません) :::

url / e-mail :::