15.12.27, 10:23

ディスクサンダー製作

img15120001_1 img15120001_2 img15120001_3 テーブルソー持っているわけじゃないので部材カットが精巧とはいかない、だから仕上げはサンディングということになる。手研磨では直線、直角に削るのは難題だし、Rを付けるにも手研磨ではというわけでディスクサンダー作りました。電動ドリルにシャフトかませてという案もありですが、ドリルでは回転が少し遅い。ベルトサンダーを横に寝かせるというプランもあるけれど、ベルトサンダーは騒音も大きいし、ベルトスピードがそれほど速くない。

まずモーターをヤクオフで探す。落とした中古の誘導モーター、1/3HP、250w(3000円)。これに8inchの木製円盤を付け、同じ直径のサンディングペーパーを張りつけることにする。12inchが標準のようだけど、大きな円盤を正確に取り付けてぶん回すには精度を求められますから。

モーター軸は14mm、円盤を取り付けるためのフランジにこれと同じ直径のものが見つからず、アルミパイプを軸に被せて16mm径にしてやる。慎重に取り付けたつもりだけど、回転させてみたらやっぱり僅かに波打っているので円盤の表面をスクレイパーと紙やすりで削って修正、まぁ許容範囲に収める。

正確に作業台とディスクとの直角を取るために作業台下にプラ板を挟んで修正。なにしろ細かなダストが凄いから集塵ダクトを付け、空気入り口を狭めて完成。#100のサンディングディスクをつけているけど、研磨は早いし肌も綺麗。活躍しそうです。
それにしても誘導モーターって静かで良いなぁ。
posted by naotok   木工いろいろ     comments: 0
comments (0)
コメントはありません.
post a comment
投稿者 :::

コメント(タグは使用できません) :::

url / e-mail :::