05.03.26, 14:03

ストーブ重いよぉ

img05030004_1 玄関先まで宅配便のお兄ちゃんが運んでくれた薪ストーブ。鋳鉄の塊、重量100kg。
中の外せる部品は全部取り外しても、二人で動かせない。これをどうやって中二階の玄関から一階まで降ろすの?

BLCパパに泣きついたら、次男のテルさん(カナダでログハウス・ビルダーの修行してきたって力持ち)と一緒に手伝いに来てくれました、謝謝。二人で「どれ、なんだ小さいんだ」と言いながらひょいとひょいと階段を降ろしてくれました。

パパ曰く:この部屋にはちょっと小さいんじゃないか?

熱容量から計算すると十分なんだけど・・・
posted by サセックス卿   薪ストーブ     comments: 0

05.03.15, 14:00

初めての左官仕事

ここに炉台を設置 断熱材 img05030003_3 img05030003_4 img05030003_5 まずは炉台作りです。

建築家に言われたとおり炉台はタイル張り、その下には断熱のために珪酸カルシウム板を二枚敷いて、さらにモルタルを流す。


断熱壁は珪酸カルシウム板を壁(石膏ボード)から25mm離して立て、そこにベルギーレンガを積んで作りました。

真上の窓はなにかって?サッシごと外して、ここから煙突を外に出すのです。炉台の木枠には廻り縁材をつけました(フレーム作ったときの経験が生きてるなぁ)。
posted by サセックス卿   薪ストーブ     comments: 0

05.03.02, 13:02

計画

英国製ストーブ 薪ストーブを設置するとなって、あちこちサイトを検索。ストーブ販売店はもとより、自作記事を載せているサイトが大変参考になりました。わかったことは、




  • ストーブのサイズ:大きめの物を薦めているサイトが多いけれど、大きければ重いし、暖かくなるまでの時間もかかる。北国のように一冬中火を落とさないような使い方はしないから、あまり大きな物は適当じゃないと判断。
  • 置く場所:家の真ん中に設置するのが理想(輻射熱が360度広がるし、煙突をまっすぐに引けるから)。でも既存住宅ではそうはいかない(イヌが走り回ってるし)。壁際に設置するとなると断熱壁を作る必要がある。もちろん床との断熱のために炉台も必要。ストーブもいれるとこれらで重量は200kgを超える。
  • 煙突をどう出すか:壁に大穴を開けて、それから外壁に沿って煙突を立てる。それに適した場所はどこだろう。
  • 薪置き場:一冬分の薪を置いておく場所がいる。できれば数日分はストーブのそばに置いておくと取りに行く手間が省ける。

うむむー、検討しなきゃいけないことが沢山あるなぁ。そこでいつものように建築家(渥美利幸氏)にご相談。彼いわく、

  • 空気は一番有効な断熱材。可燃物からの距離を取るのが一番。
  • 床の補強はすべき。設置場所が以前本棚があった場所なのである程度補強はしてあるけれど、床下に潜って大引を下から支えるジャッキのような物を設置すればよい。
  • 断熱効果の高い材料がいろいろありますよ。外壁用サイディングも使えるでしょう。
  • 炉台はタイル張りが良いですね。
  • 高所の作業になるから落ちないように十分注意して。
  • 部屋のイメージ壊さないように、美しく作ってくださいね!

少し萎える・・・
posted by サセックス卿   薪ストーブ     comments: 0

05.03.01, 11:16

一番気持ちの良い暖房

これが夢だぁ 2005年1月29日にラブ飼いのK夫妻宅へおじゃましました。目当ては奥様の手料理、今回は薪ストーブで調理したシチューとのこと(ワクワク!)。

奥様が薪ストーブに憧れていらして、元町でひょいと目についたストーブが破格値だったそうでその場で購入。お友達が設置をしてくれたそうです。

うかがうと、画家であるご主人のアトリエはセーターなんか着ていられないほど暖か。その上でシチューがクツクツ。そばには黒ラブのハナとビッケそして黒猫シーラが寝ころんでます。

薪ストーブなんて見るのもあたるのも初めて。木を切って薪にしちゃうから砂漠化が進むんじゃないの?と思っていた私は、あまりの気持ちよさに魅了されて帰ってきました。暖かさはもちろん、薪のはぜる音、炎のゆらめき、木が燃えるにおい、いろんな感覚が刺激されて(今回は味覚も)、それらが全部気持ち良い。これほど気持ちの良い暖房は他にないんじゃないかなぁ。

で、即、薪ストーブ導入決意。すぐにネットで調べて機種決定、設置工事は自分でやる(やれる・・・と思う)!
来冬は薪ストーブのそばでイヌが寝ころぶんだー!
posted by サセックス卿   薪ストーブ     comments: 0
end of entries.