08.10.18, 09:38

BBQ煙突

img08100001_1 img08100001_2 img08100001_3 BBQグリルの炭を熾すのに、前回はとても苦労したので(30分あまりもフーフーしてました)、何か方法を考えよう。そこで思いついたのは「煙突」。

煙突効果は薪ストーブでよーく分かっているので、BBQグリルだって応用可能だろうと、小さな煙突をつけることにしました(薪ストーブ設置で余ったステンレス製煙突の残りをちょん切っただけ)。

煙突の中にまるめた新聞紙、少しの木っ端、一番上に炭を入れて新聞紙に着火。上昇気流による大量の空気(酸素)と断熱のお陰で、3分もすると炭に着火、そしてそのまま15分ほど放置しておけばBBQに使える炭火ができあがりました。

着火から4分間の様子をFLVでごらんください。
上部に炭を少し詰め込みすぎたので、新聞紙に着火直後に燻って白い煙が上がっています。でも2分20秒後あたりから煙が青くなり、木っ端そして炭にも着火して温度が上がっているのが分かりますし、高温の炎が立ち上っています。このまま放っておくと炭火が広がって、煙突を持ち上げれば炭がグリルに落ちて、BBQ開始OKとなります。

煙突って偉大だなぁ。
posted by サセックス卿   犬小屋     comments: 0
end of entries.