11.07.15, 18:24

木工四連発

img11070001_1 img11070001_2 img11070001_3 img11070001_4 春から初夏にかけてはカヤックに良い季節なんだけど、木工も忘れちゃいけない。そこで、床材の残りとテルさん(Black Lab Company)から貰った米松材でいろいろ作ります。

1.秋谷の台所にお決まりの棚。サイドは2年以上前に買っておいたウエスタンレッドシーダー材。すっかり乾燥して反ってます。棚板は余った床材。

2.花台:玄関ホールのキャットウォークに置く植木鉢の台です。立ち上がっている壁にかませて固定。幅900mmのサイプレス材に12mmのミゾを彫り、底板となるコンパネをはめ込んでます。


3.庭道具入れ:ヒロポが庭仕事に精を出しているので道具入れを作ってプレゼント。無垢材なので出来上がりはちょっと重かった。外に出しっぱなしにしても良いようにサイドと底板はサイプレス材です。外側からのビス打ちで粗っぽい仕上げ。


4.テレビ台:遅まきながら地上デジタル対応テレビにしたので、Tannoyのスピーカーを収納できるテレビ台を作ります。天板は幅120cm、30mm厚の米松材、一枚板ではなくてテルさんが接いだものです。厚みがあるので両サイドで支えるだけで大丈夫。

反ったり曲がったりしている材を使うので、精度がイマイチ。あらかじめプレナーかけて直角を出し、自動カンナかけて厚みを揃えればピッタリ納まるのだろうけれど、材料から作ろうとなると道具がいるから。できるだけ反りの少ない材を使うのだけれど、ピッタリ納まるというわけにはいかない。だから、最後はサンダー。まぁ腕のせいもあるんだけど。
posted by naotok   木工いろいろ     comments: 0
end of entries.