12.05.15, 18:34

ティティのために

img12050001_1 img12050001_2 女帝ティティは2012年3月22日に12歳の生涯を閉じました。1月末に血管肉腫が見つかり、直ちに開腹手術で脾臓を摘出したものの、すでに肝臓への転移があり、もう手の施しようがありませんでした。

手術に立ち会い(飼い主の責任のような気がしたので)腫瘍がどれほど簡単に破れ、大量出血を引き起こすかを認識させられました。

濃密な二ヶ月を家で過ごした後、ティティは大好きだった秋谷の家で息を引き取りました。

残されたみんなをティティが眺められるように、部屋の隅にお骨を載せる台を作りました。
posted by naotok   木工いろいろ     comments: 0
end of entries.