14.12.23, 18:22

ソフトシャックル自作

img14120002_1 img14120002_2 img14120002_3 img14120002_4 乗ってる船が小さいということもあるのだろうけれど、近頃のディンギーの艤装が気になって仕方がない。なかでも「あっ、これでいいジャン」と思ったのがソフトシャックル。

ディンギー・レース志向の方々はg単位での軽量化を気にするのだろうけど、素材の進歩のお陰でどこもかしこもガッチリした金属製である必要はない。そこでステンレス・シャックルで留めていた箇所をスプライスしたり、ソフトシャックルで代用する。

上はカニンガム・ホール・シートをダブルで引くための小さなブロック。スプライスしたので固定はシャックル無し。
中は購入してみたソフトシャックル(4mm)と自作したソフトシャックル(3mm)。
下はブーム内を通すアウトホール・シート。端はスプライスしたスナップシャックルをアウトホールに引っかける。

スプライスするにもソフトシャックル自作作業にも、やっぱりそれ用の道具が必要で、Selmaのスプライス・フィドは購入、シングルブレイドのシートでスプライスする時に中を通したシートを引っ張り出すための針金はステンレス針金で代用しました(こんなもので十分実用になる)。
posted by naotok   船のメンテナンス     comments: 0

14.12.15, 22:33

ロジャのベンチ

img14120001_1 img14120001_2 img14120001_3 img14120001_4 3月にフラット・コーティッド・リトリーバーの仔犬ヴィッキー(本名Victoria)を迎えて、また我が家は大型犬多頭飼いになりました。ティティ、アーサーが逝き、残されたロジャが呆けないように、なにより愛犬を続けて失った我々の哀しみをうっちゃるために迎えたヴィッキーですが、まだまだお転婆娘。

10歳も歳の離れたロジャにしつこく絡むので、嫌がるロジャが自分のソファから窓下のベンチに避難する。ベンチ幅が40cm余りしかないため横になると脚がはみ出ちゃう。よーし、ベンチを拡張してやるぞ!

2m長のベンチは30mm厚の集成材で出来ているが、同じ厚の材では拡張部分の支持が大がかりになる。そこで15mm厚SPF材を二枚接いで長くし、棚受け金具で両端を支持し中央部に一本脚を立てることにする。

塗装は建築家(渥美さん)お勧めのミルクペイント。ミルクタンパク(カゼイン)に無機顔料と石膏から出来ているこの粉末塗料、実に味わいのある塗面になります。塗ってから粗いペーパーで表面を削り荒らすと、ウレタン塗料では決して得られない味わいです。

我が家の多くの部分がこの塗料で仕上げてあるのですが、今回購入しようとしたら見つからず。どうも日本メーカーが「ミルクペイント」の名で開発・販売を始めたらしく、本家ミルクペイントが駆逐されてしまったみたい。

仕方なく日本製「ミルクペイント」を購入したのですが、なぜか液体塗料。液体?アクリル入っているんじゃない?と思ったらやっぱり。塗ってみたら塗面はまさにアクリル塗料、仕上がりは本家風に乾いた感じになり開発の努力が認められます。でも別物でした、残念。
posted by naotok   木工いろいろ     comments: 0
end of entries.