15.02.25, 18:41

ナヴィ・パネルの製作

img15020004_1 img15020004_2 img15020004_3 img15020004_4 img15020004_5 懸案になっているナヴィゲーション・パネルにはデジタル・スピードメーター用Nexus 7とナヴィゲーション用iPadを設置します。場所はシュウヤの提案に従いキャビンへの入口のアクリル板(これなんて呼ぶのかな、木製鎧戸だと良いのにね)にする。二分割のアクリル板の下部分だけ合板パネルに交換。こんなイメージ。

Nexus 7とiPadを差し込むためのコの字型枠をマリン合板(6mm)を積層して作ります。どちらのタブレットもスリープ(またはその復帰)ボタンが押しやすいように差し込み方向や枠寸法に注意します。右:iPad用4枚積層、左:Nexus 7用3枚積層。

積層したしてみたらさすがマリン合板、バウムクーヘンのような断面が見えています。

合板パネルの上にコの字型枠を接着し、少しでも反射を防ぐためグラファイトを添加したエポキシを塗布。非常用電源をとるためにUSBケーブルを通すための穴を開けたため原設計とiPad、Nexus7の位置が逆になりました。

左にGalaxy Note 8(plan2navが動作)、右にNexus 7(sailing tacticianが動作)を差し込んでみました。poor man's instrumentsの完成です。
posted by naotok   船のメンテナンス     comments: 0

15.02.20, 19:09

PCでAndroid

img15020003_1 img15020003_2 img15020003_3 木工じゃないんだけれど、DIYということで。

Android-x86によるThe Android-x86 4.4-r2 をダウンロードし、USBに焼いて動かしてみたらとても出来がよい。そこで文字を沢山打つアプリだけでもPCで動いたら良いなぁと考え、策を練る。

PCに仮想マシンを作って(VMware Player)そこにインストールすることにした。仮想HDとしてダウンロードしたISOファイルを指定してやると、ブート後直ぐにインストール画面が出てくる。パーティション切ってbootableにしてやると、しばらくしてAndroidの設定画面(スマフォを購入したときにおなじみの)が始まります。

設定途中にWifiだけはスキップしてやるとちゃんと有線でLANに繋がった。音が出ないのは仕方がないとして、キーボード配列を日本語仕様に変え、日本語入力もインストールしたら全然不自由なくPCでAndroid 4.4.4が使えました。

能力とオープンソース精神をお持ちの方々にほんとに感謝。
(ついでだけど、rootも取れています)
posted by naotok   木工いろいろ     comments: 0

15.02.07, 10:51

スピンネイカー修繕:完了

img15020002_1 img15020002_2 img15020002_3 このスピンネイカーはハマちゃんが前に所有していた24ft艇の装備品、懐かしのKマークがついている。しかし、長年しまい込んでいたためセイルクロス自体は使い物になるけれど、タックホールに問題あり。

昔の仕様なのでタックホールにワイヤを通しリングを付けてあり、それをセイル糸でぐるぐる巻きに留めてある。ワイヤはほつれ、クリングルにはびっしりサビ(緑青か)がこびりついている。

まず金ヤスリで銅製ハトメにこびり付いた緑青を落とします。ここにリングを取りつけますが、今風にダイニーマによるエンドレス・ループを使います。銅製ハトメがギザギザしているため、ダイニーマ製シートが擦れないように何か処理が必要でしょう。

クリングルをエポキシ・コートしすべすべにします。ダイニーマ製エンドレス・ループでリングを取りつけ、左右色違いのウィッピング・トワインでぐるぐる巻いたら(スピンを表裏逆に張らないようにね!)完成です。
posted by naotok   船のメンテナンス     comments: 0

15.02.02, 10:18

USB充電改良

img15020001_1 img15020001_2 img15020001_3 タブレットやスマフォを船に持ち込むと、その充電設備が必要になる。以前スイッチボードを新設した時そのためのUSB充電端子を設置したのだけれど、使ってみたら不具合が。

特に充電仕様に敏感なSamsungやNexus製タブレットではいつまで経っても充電されないことがあったため、思い切って取り換えます。以前の充電端子は車載用USB端子をバラしてスイッチパネルに直づけしていたのですが、これがバラして中の回路部品を見たら定格ギリギリの電解コンデンサーなんかが使われている(溜め息)。そこで今回は定評のあるAnker製にしました。

さすがにキッチリした作りなのでバラすのが困難、仕方なく車載用ソケットをそのまま使っているので、使用中にちょっと出っ張るけど・・・

12Vソケットがあるのでここからインバーターを介して冷蔵庫用100V電源を取ることも出来る(やらないけど)。
posted by naotok   船のメンテナンス     comments: 0
end of entries.