16.04.21, 14:49

バンドソー チューンアップ

img16040002_1 入手したバンドソーですが、やっぱりチューンアップが必要です。細かな箇所は省略ですが、なにより僅かなドリフト(leadとも呼ぶそうです。材を切っていく時ブレードが僅かに斜めになっているため、それに沿って材も斜めに進もうとする)を解消しないとフェンスを使い切っていると材がフェンスから離れようとします。第一、このフェンスにガタがあります。

そこでドリフト・フリー・フェンスを自作。幸い付属フェンス取り付け材の前方にTスロット用の切れ込みがあったのでこれを利用して前方からネジでフェンスを自由に固定できるようにします。またテーブルと垂直なフェンスを僅かな角度で動かせるようにしました(ブレードを交換するたびにこの角度の調整が必要です)。

フェンスを使ったリップカットの際に材を抑えておくためのフェザーボードも作りました(写真のフェザーボード、切れ込みの入れ方が間違ってますが・・・)。

こういうジグ造りでは穴あけに精度が求められますが、自作したドリルプレスまがいが活躍しました。

これにて一応道具製作は終了。ディンギー製作に精を出します。
posted by naotok   木工いろいろ     comments: 0

16.04.18, 10:24

製材の方法

img16040001_1 img16040001_2 img16040001_3 ディンギーを作り始めて既成材ではない材が必要になる時があります。

理想を言えば、ジョインターで直角の出た平らな面を作り、テーブルソーでその面と平行にリップカット、厚みはプレナーでやっつけるとなりますが、いずれの機械も持ち合わせない。だから丸ノコでリップカットし、スライド丸ノコでクロスカットしてきたわけですが、何といっても丸ノコ動かして切っている限り怖いし、精度はいまいち。

長いリップカットを安全に行えるよう小型バンドソーを入手しましたが、バンドソーはそもそもラフカットが目的なので切り肌が多少荒れてしまいます。そこで
・直角の出た
・切り肌のきれいな
・決まった幅の
材を作るために手持ちのルーターでなんとかすることにしました。

写真のようにラフカットした材をビットにピタリと合わせ、手前に設置したサブ・フェンスを押し付ける。そこからサブ・フェンスを微妙に動かして切削する厚みを調整する。すると所定の幅で直角の出た平行な材の出来上がり。バンドソーでラフカットした材をこれで綺麗に製材してやればなんとかなろうと期待しています。

計算上(三角関数で)は目盛りを1mm動かすとフェンスを0.2mm移動できることになっているので、やってみると精度0.1mmは無理だけど±0.2mmまでには追い込める。

ルーターで幅決め、平⾏ぎめ、直角出し。目的とする用途にはこれでOKかな?というところです。丸ノコ使用頻度が激減しそうです。
posted by naotok   木工いろいろ     comments: 0
end of entries.