ギャラリー:木造艇自作

【工房KAYAK9】でのカヤック/ディンギー製作記録


06_CB_01.jpg
組立お試し54 閲覧部材がそろったので組み立ててみたくなる。センターボックスにフレームが2枚、トランサムが嵌ると、おぉ船の形が見えてくる。まだバウ・フレームは付いていないし、外板も無しだけれど。
05_cut_06.jpg
パネルを整形41 閲覧切り出したパネルを左右重ねてみますが、やっぱり多少の誤差はあるのでもう一度整形します。木口を削るのでローアングル・ブロック・プレーンと反りカンナが重宝します。
05_cut_05.jpg
フレーム47 閲覧3枚のフレームとトランサムも切り出しました。これらパーツには他のパーツを挟み込む切り込みやらの加工が必要です。また組立前に防水加工しておかないといけないパーツもある。
05_cut_04.jpg
ハルのパネル3枚37 閲覧ハルを構成するパネルは下から3枚。二次元だと不思議なカーブをしていますがこれらをフレームに沿わせ曲げていくとボリュームのあるハル形状が現れる(はず)。片側のパーツだけロフティングし切ったら、それを型紙にして反対側の3枚を切りだし手間を省きます。両サイド二枚を重ねていっぺんに切ろうかととも思いましたが、12mmを丸ノコで安全に切れるか不安だったので止めました。
05_cut_03.jpg
カットしたパネル41 閲覧12ftの板から切り出した一番上側のサイドパネルで、これが一番長い。六畳間での作業はギリギリです。
05_cut_02.jpg
カット治具41 閲覧ノコ刃が見にくいので刃の先に目印となる治具を付けました。これをラインにピッタリ当てて丸ノコを動かせばラインのごく僅か外側が切れる。とは言うもののカットした後でカンナでの整形は必要です。
05_cut_01.jpg
カット38 閲覧ラインに沿って合板をカットしますが、ジグソーより丸ノコで切っちゃった方がスムースで早い。バウの一番カーブのきつい部分も丸ノコで大丈夫でしたが、さすがにキーキー音がしてこれが限界かも知れません。
04_lofting_03.jpg
ロフティング39 閲覧これら釘に良く曲がる細棒を当て、スムースなカーブを描いていきます。
04_lofting_02.jpg
ロフティング40 閲覧拾ったステーションライン上のポイントに細釘を打っていきます。
ファイル数 16 / 2ページ中 1